株式会社フロンティアホームロゴ

分譲実績 買取
  1. HOME > 
  2. アフターサービス

アフターサービス

 
 

無償の定期点検

お引き渡し後
【半年、1年、2年】もしくは【2年、5年、10年】
の定期点検を無償で行っております。(現場により点検年数が異なります。)

雨漏り、排水の無料、設備機器、害虫被害など、
万が一の不具合がないように定期的に、無償で定期点検しております。

万が一不具合が発見された場合は、当社の専門家による適切な
アドバイスのもと修理やお手入れ、メンテンナンス方法などについて
アドバイスさせていただいております。

地盤保証(最長20年)

フロンティアホームの建物は、地盤調査の解析結果をもとに必要な対策を実施し、建築されておりますので、
すべての新築物件に、地盤保証がついております(最長20年)。

フロンティアホームでは、ジャパンホームシールド株式会社・ハウスワランティの地盤保証システムを採用しています。
詳しくは、当社が提携しているジャパンホームシールド株式会社、一般社団法人ハウスワランティのホームページをご参照下さい。

・ジャパンホームシールド株式会社 ホームページはこちら
・一般社団法人ハウスワランティ ホームページはこちら

まもりすまい保険のメリット

「住宅瑕疵担保履行法」に対応した保険です。
特長1
設計施工基準に基づき、工事中第三者による現場検査を実施します。
特長2
住宅の構造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分が対象です。
特長3
業者倒産時にも対応し、住宅取得者さまに保険金が支払われます。
保険金のお支払い等について

お支払いの対象となる損害

保険期間内における、住宅品質確保法に定める構造耐力上主要な部分又は雨水の浸入を防止する部分の瑕疵によって、住宅の基本的な耐力性能または防水性能を満たさない場合に、住宅事業者さまが住宅取得者さまに対し瑕疵担保責任を負担することによって被る損害について、保険金をお支払いします。

保険の対象となる基本構造部分(例)

住宅品質確保法に基づき定められた、構造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任の範囲が
保険の対象となります。

※保険約款による免責事由に該当する場合等保険金をお支払いできない場合があります。
※住宅事業者さまが倒産等によりその責任を全うできない場合、最初に保険付保住宅を取得した住宅取得者さまからの請求に基づき保険金を支払います。
(なお、住宅事業者さまと最初の住宅取得者さまが所定の手続きを行うことにより、転得者さまが当初の住宅取得者さまと同様に、住宅事業者倒産等の場合に保険金請求を行うことができます)
住宅保証機構株式会社HP 保険金のお支払い等について(http://www.mamoris.jp/kasitanpo/insurance/)より引用

保証期間は10年間

新築住宅の引渡しから10年間、住宅品質確保法に基づいた構造耐力条の主要な部分及び、雨水の浸入を防止する部分にに関してが対象となります。

保険金額のお支払いは限度額は、2,000万円

住宅瑕疵担保責任保険(1号保険)・住宅瑕疵担保責任保険(2号保険)共通
一戸建て住宅 共同住宅等
1住宅あたり限度額 2,000万円 2,000万円
調査費用 1住宅あたり補修金額の10%または
10万円のいずれか大きい額
※ただし、調査費用の実額または50万円の
うち小さい方を限度
1住宅あたり補修金額の10%または
10万円のいずれか大きい額
※ただし、調査費用の実額または200万円の
うち小さい方を限度
仮住居・移転費用 1住宅あたり50万円 1住宅あたり50万円
・調査費用限度額および仮住居・移転費用限度額については1住宅あたり限度額の内枠とします。
・一戸建住宅でオプション契約を選択の場合は、3,000万円、4,000万円、5,000万円のうちから選択された金額が1住宅あたり限度額になります。
 ただし、故意・重過失による損害を住宅取得者さまに支払う場合は、2,000万円を限度とします。
・住宅瑕疵担保履行法では、1住宅あたり限度額を2,000万円以上に定めています。
住宅保証機構株式会社HP 保険金のお支払い等について(http://www.mamoris.jp/kasitanpo/insurance/)より引用

お電話の方はこちらから

ページトップへ